キャッシングの利用を考えている時に一番不安に思うことは審査の事ではないでしょうか。

 

ここではそんな審査の手続きの流れについて調べてみました。

 

どこのキャッシング会社も同じような流れで審査が行われている様です。

 

先ず最初は、キャッシングを申し込む時に申し込み用紙に必要事項を記入して申し込みます。

 

この時インターネットや自動契約機で申し込む時は、申し込み画面に必要事項を入力し、また電話で申し込む際はオペレーターの質問に答えて申し込みます。

 

この際の最初の必要事項に沿って仮審査が行われ、仮審査で貸し付け出来るかどうか審査されます。

 

この時申し込み者の職種、勤続年数、年間所得、家族構成などに基づいて利用限度額も見積もられているようです。

 

次に行うのが必要事項の内容に間違いや虚偽の申告がないかの確認や在籍確認などが行われます。

 

在籍確認は勤務先や自宅に電話で確認されます。

 

この時キャッシング会社だとはわからないように個人名で電話をしてくれるので心配はありません。

 

次に書類チェックや電話での在籍確認が終了後、正式な審査へと移ります。

 

次に、正式なキャッシング条件を決めるために、ブラックリストを照合したり、収入や勤務先の会社を審査します。

 

そして、他の金融会社からの借り入れがあるかどうかの審査も同時に行われ、この審査に通ればいよいよカードが発行され融資を受ける事が可能となります。

 

そして最終段階として契約書とキャッシュカードが発行され手元に届くのでそのカードを使ってお金を引出すことが出来ます。

 

キャッシングの審査に通りさえすれば、比較的簡単にカードを手にしお金を借りる事が出来るようになります。