今では、店頭まで出向いてキャッシングの契約をする人は少なくなっていると、お思いの方が多いかも知れませんが、インターネットでの申し込みが多くなってきたもののまだまだ店頭窓口まで出向いて契約の手続きをされている人もいるようです。

 

店頭窓口での申し込みのメリットは、何より担当者に直接疑問点について徹底的に説明を聞く事が出来る点でしょう。

 

キャッシングにおいて最も重要なのがやはり返済方法についてではないでしょうか。

 

この点についてもしっかりとキャッシングの内容を良く聞いて確認をしておきましょう。

 

次に申込書の記入では本籍地や勤務地などを記入して、免許証等の身分証のコピーを取られて受付係がデータを照会します。

 

そのまま簡単な質問に答えたら、在籍確認や審査が行われます。

 

この審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。

 

もしこの時点でもっと借りたいなどと言う納得できない場合は断ってしまうこともこの段階では出来ます。

 

契約書にサインをした時点で契約終了で、キャッシュカードが発行されます。

 

後は、店頭の直ぐ外に併設のATM機で発行されたばかりのキャッシュカードを使って必要な額のお金を引出すことになります。

 

一般的に現金を店頭に置くことは無いので店頭の直ぐ外に併設のATM機を使ってお金を引出すのが一般的です。

 

以上が店頭窓口でのキャッシングの申し込みから利用までになります。