キャッシングの融資

 

融資とは銀行や消費者金融等のノンバンク等の金融機関が、利息を得るために会社や個人などの資金が必要な人に対して金銭を貸し出す行為を融資と呼んでいます。

 

この様に融資には、個人を対象に貸し付ける小口融資と会社などの企業を対象に貸し付ける大口の融資とがあります。

 

企業を対象にした大口の融資では、融資を行う前に企業の業務内容、経営状態、信用情報、そして担保などの価値を審査し、融資を行う事となります。

 

個人を対象にしたキャッシング融資の場合は企業ほどの審査ではありませんが、個人の信用情報を元に審査されます。

 

個人のキャッシング融資では、無担保で保証人を必要とせず、発行されたカードを使ってATM機やCD機からお金を引き出して使うことが出来ます。

 

また、個人のキャッシング融資の特徴は、用途の制限がなく、何回でも繰り返し借り入れることができることです。

 

融資を受けた企業は、それを資金として業務を行い、営利活動で出た利益の一部から返済に充てることが出来ます。

 

が、しかし個人の場合は、翌月の給料等から返済することになり、返済した分生活費が圧迫される事にもなります。

 

この事を十分に考えて、くれぐれもカード破産のような事は避け「計画的に利用する」事が最も望ましいと思います。

 

 

キャッシング融資の注意点

 

キャッシング融資を受ける際に特に注意したい点を幾つか上げておきます。

 

先ず店頭に貸金業の貸金業者登録票が掲示されているか、そしてJCFA(日本消費者金融協会)の会員であるかどうかを表示物で確認をする。

 

次に借入金額、借入期間、利息の利率、返済方法を契約書の内容を十分に確認して契約書に署名する。

 

契約する時は、融資担当者から納得の行くまで説明してもらい、不明な点が無くなってから契約をしましょう。

 

絶対に年金受給者証やクレジットカード、白紙の委任状や使用目的の分からない書類などは他人に預けては行けません。

 

借入時には契約書の写しをもらい、返済時には領収書を必ず受け取り大切に保管しておきましょう。

 

融資の解約時には、契約書原本を必ず返還してもらいましょう。

 

キャッシング融資を受ける際に一番大切な事は、無理の無い返済計画を立てて上手にお金を使うことです。

 

キャッシング融資は簡単な手続きで直ぐにお金を借りる事が出来ます。

 

また、何度でもカードの限度内なら借りる事が出来て便利なのですが、使っている内にお金への価値観が歪んでしまい、まるで自分の預金を引き出しているような感覚で、キャッシング融資を使ってしまう事があるので十分に注意をして利用して下さい。

 

何度でも言うようですが、金銭感覚を失わずに、借金に振り回されないようなキャッシング融資の使い方を心がけましょう。