キャッシングの申し込み方法

 

キャッシングを申し込む方法には、店頭の窓口で申し込む方法はもちろん、ファックスや郵便、PCやスマホ、携帯等のインターネットでお客様のご都合に応じた申し込みが可能です。

 

同じキャッシング会社であっても複数の申し込み方法から選択できる様になっています。

 

申し込みには、本人確認書類(免許証等)や所得を証明する書類が必要になりますが、必要書類は借入希望金額等によって異なる場合があるので、予め確認をして用意しておくと、手続きがスムーズに出来ます。

 

即日融資が希望であれば、店頭の窓口や無人契約機で申し込めば、契約後その場でカードが発行されるので、店舗内に併設されたATM機で直ぐに資金を引出すこ事も可能です。

 

また、電話やインターネットで申し込む場合も、郵送で書類のやり取りをすると、カードが送られてくるのを待たなければなりませんが、銀行口座への振込制度があれば、お客様の銀行口座に振込依頼をするとその日の内に資金を手にする事も可能となります。

 

 

インターネットで申し込む方法

 

インターネットでキャッシングの申し込みをする方法は、電話で申し込む方法の電話がインターネットに変わったというだけで、ほとんど一緒です。

 

電話で申し込む場合は、それぞれのキャッシング会社のフリーダイヤルに電話をして担当者が聞いてくる事に答え申し込みを進めて行きます。

 

その後審査の結果の連絡を待って、契約に必要な書類をFAXか、郵送で送り、契約が成立したら郵送でカードが送られて来ます。

 

次に送られて来たそのカードでお金を引出すか、それとも、口座振込みを依頼してアナタの銀行口座にお金を振り込んで貰ってそれを引出すか、これが電話で申し込んだ場合の手順です。

 

これがインターネットでの申し込みの場合は、キャッシング会社のサイトにアクセスし、そこで利用前の確認、規約などに同意した上でキャッシング申し込みのボタンをクリックします。

 

キャッシング申し込み画面に変わるので、画面上の申し込み欄で必要事項の細かい個人情報を記入し、希望金額などを書いて送信ボタンをクリックし送信します。

 

そこで仮審査が受けられて融資が可能かどうかの回答を得ます。

 

仮審査の時は家や勤め先などに担当者の名前で申込者が在籍しているかを確認する電話がかかってくるのが一般的です。

 

次に融資が可能となった場合は必要書類を持参して店頭や無人契約機で契約するか、契約書類を郵送でやりとりして、契約となります。

 

契約成立後は、カード発行後のATM機を利用する方法と銀行口座への振込入金で資金を得ることができます。

 

 

店頭の窓口で申し込む方法

 

今では、店頭まで出向いてキャッシングの契約をする人は少なくなっていると、お思いの方が多いかも知れませんが、インターネットでの申し込みが多くなってきたもののまだまだ店頭窓口まで出向いて契約の手続きをされている人もいるようです。

 

店頭窓口での申し込みのメリットは、何より担当者に直接疑問点について徹底的に説明を聞く事が出来る点でしょう。

 

キャッシングにおいて最も重要なのがやはり返済方法についてではないでしょうか。

 

この点についてもしっかりとキャッシングの内容を良く聞いて確認をしておきましょう。

 

次に申込書の記入では本籍地や勤務地などを記入して、免許証等の身分証のコピーを取られて受付係がデータを照会します。

 

そのまま簡単な質問に答えたら、在籍確認や審査が行われます。

 

この審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。

 

もしこの時点でもっと借りたいなどと言う納得できない場合は断ってしまうこともこの段階では出来ます。

 

契約書にサインをした時点で契約終了で、キャッシュカードが発行されます。

 

後は、店頭の直ぐ外に併設のATM機で発行されたばかりのキャッシュカードを使って必要な額のお金を引出すことになります。

 

一般的に現金を店頭に置くことは無いので店頭の直ぐ外に併設のATM機を使ってお金を引出すのが一般的です。

 

以上が店頭窓口でのキャッシングの申し込みから利用までになります。

 

 

無人契約機で申し込む方法

 

キャッシングの申し込みを無人契約機でする方法は、手続きとしては店頭窓口での申し込みと同じです。

 

無人契約機でなら、誰にも顔を合わせることなく手続きが出来ますが、備え付けのカメラで利用希望者は映されているので担当者には間接的に顔を見られていることになります。

 

機械の操作で手続きを進めますが分からないことはオペレーターに質問することも出来ます。

 

無人契約機に入ると端末に付いているマイクからセンターのオペレーターの声が聞こえてきます。

 

ここで店頭窓口と同じような形で案内が始まり、端末から出てくる申込書に記入をします。

 

次に免許証などの身分証のコピーがその場でできるのでコピーをします。

 

この時、端末のカメラでこちらの行動は全て見られているようなので、他人の免許証などでの不正は出来ないようになっています。

 

次に店頭窓口での申し込みと同じような質問に答えて、在籍確認や審査が行われると融資限度額が案内されます。

 

条件などに納得できたらそのまま契約成立となりキャッシングカードが発行されます。

 

その後は無人契約機に併設されているATM機で必要な金額を引出すことが出来ます。

 

無人契約機は人気の少ない目立たない所に設置されていることが多かったのですが、最近では人気の多いところにも設置されるようになりました。

 

 

電話での申し込み方法

 

アナタが住んでいる住まいの近くにキャッシング会社の支店や無人契約機が無い場合や、審査に不安があって、支店や無人契約機に出向くのがちょっと億劫な人には電話での申し込むという方法が有ります。

 

大抵のキャッシング会社には新規申し込み者専用のフリーダイヤルが用意されていて通話料無料で申し込みが出来ます。

 

また、電話での申し込みはインターネットでの申し込みの様に操作に戸惑うこともなく、相手との対話方式なので分からないこと等を質問することもできるのでその点は手軽な申し込み方法だと思います。

 

電話で申し込む場合、キャッシング会社により違いはありますが、聞かれることは、氏名、生年月日、住所、電話番号、他社の借り入れ状況、職業、勤務年数、家族構成、住居形態、借入希望額などを聞かれた後、いったん電話を切って待つ様に言われるのが一般的です。

 

すると早ければ30分以内にキャッシング会社から折り返し電話がかかってきて、審査の結果が告げられます。

 

折り返し電話が返ってくるのは、申込者の電話番号が正しいかどうかをキャッシング会社が確認するためです。

 

電話番号は携帯電話でも構いませんが、自宅の電話番号を言ったほうが審査は通リ安くなります。

 

次にキャッシング会社からの電話で審査が通った事を告げられたら契約方法の確認になります。

 

店頭窓口、無人契約機、FAX、郵送などから選ぶことができます。

 

借り入れする現金は、店頭や無人契約機に併設のATM機まで出向いて引出すか、またはFAXや郵送を選んで銀行振込にするかのどちらかが一般的です。

 

アナタの都合に合わせて判断された方が良いと思います。

 

 

郵送での申し込み方法

 

キャッシングを郵送で申し込む方法について、今ではキャッシングを申し込むのに電話やインターネットを使って手軽にできるようになりました。

 

それでも、インターネットが苦手な人も中にはいると思います。

 

そんな人には郵送でキャッシングの申し込みが出来ますよーと言う事です。

 

キャッシングを郵送で申し込む場合には、誰にも会わなくてもいいですし、申し込む際に誰にも見られることもないので安心です。

 

キャッシングの申し込みをを郵送で行う場合のメリットは誰にも会わなくても良いということですが、逆に郵送で申し込む場合のデメリットは日数がかかってしまうということです。

 

書類のやり取りから審査を経て融資可能のOKが出るのに3日以上はかかると思います。

 

急いでキャッシングを受けたいと思っている人には郵送でのキャッシングの申し込みは向いていないと思います。

 

そんな事で実際にはキャッシング会社の方でも、急いでいる人は店頭窓口か、自動契約機で申し込むように進めているみたいです。

 

それでも店頭窓口や自動契約機に中々行けない人もいると思います。

 

そんな人はお金を急いでいないのであれば郵送での申し込みでも良いと思います。

その辺はアナタの判断でお決め下さい。