キャッシングを利用するためには、申し込みをした後にキャッシングの審査を受けて、融資が可能かどうかの判断がされた後、審査で融資可能のOK判定が出ればキャッシングの利用が出来るようになります。

 

しかし、審査で融資不可と判定されればキャッシングの利用は出来ません。

 

その為、キャッシングを利用するにはこの審査に通る事が最重要課題ではないでしょうか。

 

では、キャッシングの審査はどんな事をするのかと言うと、先ず申し込み者の免許証等の証明書で顔や住所などの個人情報を照合します。

 

次にその申し込み者が支払う能力があるのか,保証人はいるのかなども調べます。

 

以前は店頭窓口での審査でしたが、最近では電話やインターネットを使って審査が出来るようになったのでとても便利になりました。

 

その他キャッシングの審査では、申し込み者の過去の借金歴やクレジットカード等の利用の際の滞納の有無などで、キャッシングの利用限度額に影響が出たり、場合によってはキャッシングの審査に通らないと言う事も出てくるようです。

 

もう一つキャッシングの審査で重要視されているのが保険証の種類だそうです。

 

何故かと言ますと、保険証の種類で職業のランクが分けられて、それにより企業のレベルが計られてその点を利用してキャッシング会社は融資限度額を決めているそうです。

 

疑問に思われるならキャッシングの申し込みの際に保険証を提示してみてください。

 

この時国民健康保険証では何の効果も無いようです。