キャッシングの審査

 

キャッシングを利用するためには、申し込みをした後にキャッシングの審査を受けて、融資が可能かどうかの判断がされた後、審査で融資可能のOK判定が出ればキャッシングの利用が出来るようになります。

 

しかし、審査で融資不可と判定されればキャッシングの利用は出来ません。

 

その為、キャッシングを利用するにはこの審査に通る事が最重要課題ではないでしょうか。

 

では、キャッシングの審査はどんな事をするのかと言うと、先ず申し込み者の免許証等の証明書で顔や住所などの個人情報を照合します。

 

次にその申し込み者が支払う能力があるのか,保証人はいるのかなども調べます。

 

以前は店頭窓口での審査でしたが、最近では電話やインターネットを使って審査が出来るようになったのでとても便利になりました。

 

その他キャッシングの審査では、申し込み者の過去の借金歴やクレジットカード等の利用の際の滞納の有無などで、キャッシングの利用限度額に影響が出たり、場合によってはキャッシングの審査に通らないと言う事も出てくるようです。

 

もう一つキャッシングの審査で重要視されているのが保険証の種類だそうです。

 

何故かと言ますと、保険証の種類で職業のランクが分けられて、それにより企業のレベルが計られてその点を利用してキャッシング会社は融資限度額を決めているそうです。

 

疑問に思われるならキャッシングの申し込みの際に保険証を提示してみてください。

 

この時国民健康保険証では何の効果も無いようです。

 

 

キャッシング審査の基準

 

キャッシングの審査は、キャッシングを申し込む際には、何処のキャッシング会社でも必ず有ります。

 

それでは、キャッシングの審査は、一体何を基準にして審査されているのか気になるところではないでしょうか。

 

消費者金融のキャッシングと銀行からの融資の違いの一つが、消費者金融のキャッシングを利用する場合は、保証人や担保の必要ありません。

 

収入がちゃんと有って借金がなければ、キャッシングの審査に絶対に通るのでしょうか。

 

十分な収入が有っても、過去に長期の延滞などが有ってブラックリストに載った人は、融資をして貰えるキャッシング会社を探すのも難しいものです。

 

また、年収や職種だけではなく、家庭環境も審査の対象となります。

 

例えば、独身男性は、既婚者や養育費の支払い義務のある離婚した男性に比べてキャッシングの審査が有利になるそうです。

 

この様な男性は、自分で自由にお金を使うことが出来るので有利なのでしょうかネ。

 

キャシングの審査は、手軽にお金を融資する分、いかにしてそのお金を回収できるかが審査の基準となるのです。

 

アナタもキャッシングの利用をお考えなら、利用する前に、自分自身の審査がどの程度になりそうなのか、良く情報を収集して考えてみる事も重要な事と言えるのではないでしょうか。

 

 

キャッシング審査の重要事項

 

それでは、キャッシングの審査で最も重要視される審査項目とは一体何でしょうか。

 

キャッシング会社で行う審査で、各社が一番重要視する点は申し込み者本人の返済能力です。

 

その返済能力を測る上で参考にするのが収入です。

 

この収入がキャッシングの審査を通過出来るか否かが、大きなカギを握っていると言っても過言ではありません。

 

と言うのは、大手キャッシング会社各社は利用対象者の条件として「定期収入がある事」を規定している事がほとんどだからです。

 

言い換えるならば毎月定期的に収入を得ている事が、審査通過のポイントになるということです。

 

その他に見逃せない審査項目があります。

 

それは保険証なのです。

 

保険証には主に4種類の保険証があって、ランク分けがされています。

 

ではなぜそんな事をしているのかといいますと、それで職業のランクが分かると言う事なのです。

 

例えば、公務員共済保険証ならひと目で公務員だと言う事がわかります。

 

また組合健康保険証ならば企業レベルも測れると言うものです。

 

そういった事を利用してキャッシング会社は融資の限度額などを決定しているのです。

 

残念なことに、国民健康保険証ではなんの効果もない様ですが、それ以外の健康保険証なら申し込みの際に提示してみると審査結果も変わってくる可能性もあるかもしれません。

 

 

キャッシング審査の手続きの流れ

 

キャッシングの利用を考えている時に一番不安に思うことは審査の事ではないでしょうか。

 

ここではそんな審査の手続きの流れについて調べてみました。

 

どこのキャッシング会社も同じような流れで審査が行われている様です。

 

先ず最初は、キャッシングを申し込む時に申し込み用紙に必要事項を記入して申し込みます。

 

この時インターネットや自動契約機で申し込む時は、申し込み画面に必要事項を入力し、また電話で申し込む際はオペレーターの質問に答えて申し込みます。

 

この際の最初の必要事項に沿って仮審査が行われ、仮審査で貸し付け出来るかどうか審査されます。

 

この時申し込み者の職種、勤続年数、年間所得、家族構成などに基づいて利用限度額も見積もられているようです。

 

次に行うのが必要事項の内容に間違いや虚偽の申告がないかの確認や在籍確認などが行われます。

 

在籍確認は勤務先や自宅に電話で確認されます。

 

この時キャッシング会社だとはわからないように個人名で電話をしてくれるので心配はありません。

 

次に書類チェックや電話での在籍確認が終了後、正式な審査へと移ります。

 

次に、正式なキャッシング条件を決めるために、ブラックリストを照合したり、収入や勤務先の会社を審査します。

 

そして、他の金融会社からの借り入れがあるかどうかの審査も同時に行われ、この審査に通ればいよいよカードが発行され融資を受ける事が可能となります。

 

そして最終段階として契約書とキャッシュカードが発行され手元に届くのでそのカードを使ってお金を引出すことが出来ます。

 

キャッシングの審査に通りさえすれば、比較的簡単にカードを手にしお金を借りる事が出来るようになります。